2019年03月21日

二人で文明開化の決闘

今日は久しぶりに妻と2人でボドゲをしました。

特に楽しかったのは、『世界の七不思議(セブンワンダーズ):デュエル』。
もともとは、本家『世界の七不思議(セブンワンダーズ)』(2人~7人)を
2人用にリデザインされたゲームです。

本家はドラフトゲームで、手札から1枚選択して手札を回していくのに対し、
『デュエル』は、場にカードを並べて取っていくものとなっており、本家と違った楽しみがあります。

1回目は、妻がレンガの存在を軽視しすぎてしまい、第三世代まで建造物(青)カードを
あまり建てられず、科学トークンのセット取得で建造物カードの建設コストを
減らす戦法にシフトしました。
(妻曰く、七不思議用のコストしか見ておらず、レンガの必要性があまりなかったそうです。)
それに対して私は、バランスよく資源(茶)カードを取得しつつ、第一世代から建造物を
どんどん建てていきました。
20190321-1


結果、妻:コスト2下げで建造物を建てる。
   私:無償建築で建造物を建てる。 の奪い合いが発生しました。
最終的に61:59(内、建造物37:21)となり、1回目は私の辛勝でした。

2回目は、前回の反省を込めて妻もバランスよく資源カードおよび
交易軽減のカードを取っていきました。
武力カードの取り合いも発生し、お互い殴り合い状況。
妻は、建造物に力を入れ、私は七不思議建造に早期着手。
七不思議関連のギルドカードも手に入れることができてほくほく。
結果、72:62で、差をつけて私の勝利でした。
20190321-2


3回目の最終は、私の戦略が旨く嵌りました。
資源を交易軽減で、取得している妻に対して、科学トークンのセット取得で得た
「経済」でお金がざくざくの私。
結果、77:63で、またまた私が差をつけて勝利でした。
20190321-3

多分、3回とも先手かつ「PIRAEUS」が取れていたのが強かったと思います。
資源入手系の七不思議が強い…。

少しセットアップが面倒くさいけど妻が毎回、もう一回というほど嵌っているゲームでした。






yaushigure at 19:35|PermalinkComments(0)ボードゲーム | 感想

2019年03月14日

《5本のきゅうり》最後だけは負けるトリッキーなゲーム

20190314-1

《5本のキュウリ》 販売元:アークライト
・プレイ人数: 2~6人
・プレイ時間: 20分前後
・ジャンル : カードゲーム トリックテイキング

 ――1ラウンド7本勝負!!
   ラウンド最後の勝負は負けて、キュウリを受け取るな!
   6本受け取ったら脱落だ!!

プレイした感想ですが、プレイ人数は3人以上が推奨なゲームだと思いました。
2人だと、手札のカード運だけになってしまう感じがしました…。
※実際に妻と2人より、4人でやった方が盛り上がりました。

概要に書いてますが、ラウンドの最後には負けないといけません。

勝負は簡単「1~15」が書かれたカードを、毎ラウンド親プレイヤーから
1枚カードを出していきます。
子プレイヤーは順番に1枚カードを出していきます。
ただし、子プレイヤーが出せるカードは、以下の2種類のみです。
 1.既に出されている最も大きいカードと同じ もしくは それ以上の数字
 2.手札の一番小さな数字
全員出し終えたら、一番数字が大きいカードを出したプレイヤーが勝者になって
次の親プレイヤーになります。(同値の場合、先に出した人が勝者)

上記を繰り返し、ラウンド最後の勝負で買ってしまったプレイヤーはカードに描かれている
キュウリの本数分トークンを受け取らなければなりません。

6つ以上のキュウリトークンを受け取ったプレイヤーは、脱落です。


実物のカードと、トークンはこんな感じです。
20190314-2

ルールだけ見ると単純ですが、実際やってみると結構な戦略性があって面白いです。

子プレイヤーは『ラウンド最後に残したい弱いカードをいかに残しておく』か、
『いつ親プレイヤーになるための強いカードを出すのか』 に悩みます。
始めに強いカードを出してしまうと以降の勝負では出せるカードが無くて
弱いカードをどんどん出していかなければならなくなってしまう
そんな状況に四苦八苦していくゲームです。

うまく「1」を残して、最終ラウンドの勝者に2倍でトークンを取らせてみせたときの
興奮度、やばいです。

単純ながらも駆け引きが面白いゲーム。また今度やりたいです。

yaushigure at 20:38|PermalinkComments(0)ボードゲーム | 紹介

2019年03月11日

ゲムマ大阪いけない悲しみをボドゲ布教

ゲムマ2019大阪に行けなかったので、ボドゲ会を開いてやりました。
ほとんどボドゲをやったことのない人のため、チョイスはとっつきやすいものに。
(写真撮り忘れ…)

始めは、「猫とネズミの大レース」
 1回目(3人でプレイ)
  ボドゲ初めての2人は即1/2つのチーズを求め脱出。確実にチーズを取っていく。
  しかし、珍しく猫の進みがほとんどなく、自分は2/2/3を入手。
  最終的に、ゴールし、6つのチーズを集めたのは、私:2、友人達:1と
  最後の6つのチーズを手に入れるレースに勝てたのが大きく、余裕の勝利!!
  珍しく、ダイス運がよかったのも勝利のポイントでした。
  …というか、猫が2マス進まないときもあるんだなぁというくらいに平和な世界。

 2回目(3人でプレイ)
  1回目と裏腹に猫が進む進む…!!
  1回目とは別のゲームと化し、かなりのネズミがお亡くなりになりました。
  そんな中、ゴールもして、途中のチーズもたくさん手に入れていた友人が勝利!

  1回目と2回目のゲームの違いにびっくりしながらも楽しんでもらえました。

次に行ったのは、「イリュージョン」
 よくある見るべき色を見間違えるハプニングもありながら、
 これもなかなか楽しんでプレイできました。
 色々なイラスト(?)があって、色の量を判断するのは難しい…。
 経験者が有利じゃないかと言われましたが、さすがに98枚×4色の割合を記憶するのは無理です…。
 (ちょっとした傾向は、つかんでいるかもしれないですが)

次に行ったのは、「すしごー」
 ドラフトゲームの定番。
 私以外の2人は、いい感じに「わさび」「お刺身」を入手してポイントを稼げた模様。
 私は、裏目って全然だめで、点数が伸び悩み、最終的に最下位。
 2人は、接戦でした…。
 こういう、初めてのゲームでも勝てるというバランスのゲームは、
 アナゲーのいいところの一つですね。

次は、大人気アナゲ「ドミニオン」
 ボドゲはじめ早々にお酒飲み始めていた2人にインスト(説明)は、なかなかピンとこず
 不安でしたが、やっていくうちにルールも王国カードの内容も把握し、楽しんでプレイして
 もらいました。
 途中に、私が「属州」を買わないと言う制約がつけられ、「公領」しか買えないとなりましたが、
 結果、同率1位で終えることができました。

 その後も、何度かドミニオンをやってドミニオンにはまってもらいました。

次回も、このメンツでボードゲームを布教するぞー!